倹約

医療保険は必要ない!固定費を抑えてその分を貯蓄や投資に回そう!

医療保険は必要ない!固定費を抑えてその分を貯蓄や投資に回そう!

 

病気で働けなくなったら・・・
2人に1人はがんになる時代・・・

なんて不安を煽られてなんとなく医療保険に入っていませんか?

 

はっきり言って民間の医療保険は必要ないです。

今回はその理由について解説します。

 

 

まずは保険の目的を考えよう

医療保険は必要ないイラスト:freepik

日本には「保険に入るのが当たり前」という考えが根付いており、なんとなく保険に入っている人が実に多いです。

そもそも保険とは、滅多に起こらないけど万が一起こったらお金が足りない時に備えるものです。

 

あなたが入っている保険はそれに該当しますか?

そもそもその保険はどういうケースにどういう保障をするのか把握していますか?

万が一が起こった際にいくら不足するか予測しましたか?

 

これらをよく考えると「医療保険は必要ないじゃん!!」と思うはずです。

 

公的医療保険が手厚すぎる

日本は国民皆保険制度なので全員が健康保険に加入しているはずです。

健康保険の保障内容を把握しておきましょう。

 

医療費の自己負担は3割まで

言うまでもないかもしれませんが健康保険が医療費の7割以上を負担してくれます。

10万円の治療費でも自己負担は3万円です。

 

高額療養費制度

高額な治療費がかかった場合は3割負担でも大きな金額になることもありますが、健康保険には高額療養費制度があります。

月間の医療費負担には上限額があり、申請すれば超過額は返還されます。

上限額は、収入にもよりますがざっくり8万円ほどです。

 

高額療養費制度とは?限度額はいくら?医療費控除との違いも解説!
高額療養費制度とは?限度額はいくら?医療費控除との違いも解説!

続きを見る

 

会社員は傷病手当金がもらえる

医療費はなんとかなっても入院で仕事に行けなくなったらどうするの?

そんな時は傷病手当金があります。

社会保険に加入している会社員限定ですが、病気やケガで仕事を休むことになっても1年半までは給料の約6割が支給されます。

 

業務上の事故やケガならそもそも医療費ゼロ

勤労者が仕事中の事故やケガで治療を受けた場合は健康保険ではなく労災の対象になり、医療費は全額負担してくれます。

労災の保険料は事業主が全額負担しており様々な労働災害に対応しています。

保  障 内  容
療養補償 病気やケガで療養するとき
休業補償 病気やケガで休業し給料が出ないとき
障害補償 障害が残ったとき
遺族補償 労働者が死亡したとき
葬祭給付 死亡した人の葬儀を行うとき
傷病保障 労災から1年半過ぎても治っていない場合
介護保障 障害補償・傷病保障受給者で介護が必要な場合

また、労災保険はパートやアルバイトの方も対象となります。

 

高齢になれば医療費負担はもっと安くなる

70歳以上は医療費負担が2割に、75歳以上なら1割になります。

また、75歳以上の方は後期高齢者医療制度へ移行するため高額療養費の限度額が安くなり、低所得の場合は毎月の保険料も安くなります。

 

公的医療保険の保障範囲外も知っておこう

これは公的医療保険の守備範囲外

もちろん公的医療保険にも保障対象外の部分があります。

医療保険を勧める人はこの部分をよく主張してきますが心配はありません。

 

入院中の食事代

確かに入院中の食事代は健康保険からは保障されません。

ですがそもそも食費は入院していなくてもかかる出費です。

常にかかる費用に対して保険をかける必要は全くありません。

 

差額ベッド料

差額ベッド料とは、入院で個室を使った場合などに別途かかる費用です。

医療保険のパンフレットには「差額ベッド料が1日1万円かかる!」などと書いて我々の不安を煽ってきますが、差額ベッド料は患者本人が希望もしくは同意しない限り支払う必要はありません。

病院側の都合で個室となった場合は差額ベッド料を請求できないのです。

 

そもそも1日1万円もかかる部屋などほとんどありません。

差額ベッド料は贅沢料です。そこに保険をかける必要はありません。

 

先進医療

「先進医療は高額で全額自己負担」と言ってまた不安を煽ってきます。

確かに全額自己負担ですが、近年行われた先進医療の約9割は「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」という白内障の治療で治療費は約60万円です。

決して払えない金額じゃありませんよね?

 

そもそも先進医療じゃなきゃ治らないケースは非常に稀だと思います。

極めて当たる確率が低い上、当たったとしても支払えるなら保険は不要です。

 

やっぱり医療保険は必要ない

医療保険は必要ないイラスト:freepik

どうしても不安が先行してしまう方は冷静に考えましょう。

支払ってる保険料、たいてい無駄になりますよ。

 

保険料が高い

例えば月2,000円の医療保険を30年間支払った場合だと、

2,000円 × 12か月 × 30年 = ¥720,000

 

もし病気になっても、72万円あればおおむね足りると思いませんか?

先進医療で白内障手術も受けられますね。

 

生命保険に比べると月2,000円は安いと感じてしまうかもしれませんが、長期間払い続けると医療費を賄えるくらいの額になるんです。

下手したら医療費よりも払った保険料の方が高いケースだって十分ありえます。

 

使い道が限定されている

当たり前の話ですが、保険金は契約に該当する事例(病気・ケガ)でないと使えません。

旦那さんの医療保険では奥さんが入院しても1円も支払われませんが、貯金なら家族の誰が入院しても使えます。

健康なら家族旅行に使ってもいいでしょう。

 

住宅ローンを利用中の方は要注意

住宅ローンの契約には8疾病に対する保障がついていることも多いです。

その場合は民間医療保険との2重払いをしているかもしれませんよ。

 

8疾病とは

がん
脳卒中
急性心筋梗塞
糖尿病
肝硬変
高血圧症
慢性腎不全
慢性膵炎

 

まとめ

民間医療保険は必要ない

公的医療保険は最強

将来の医療費の想定額に対して保険料が高すぎる

その貯蓄や投に回した方が合理的

 

なお、生命保険については「生命保険は必要ない!?その理由を徹底解説!」をご覧ください。

-倹約

© 2020 TetsuLog Powered by AFFINGER5