倹約

【節約】禁煙の効果・メリットとオススメのやめる方法を紹介

【節約】禁煙の効果・メリットとオススメのやめる方法を紹介

こんにちは!かつてはタバコ中心の生活だったテツ(@tetsulog2020)です。

ここ数年でタバコの値段はどんどん上がり吸える場所も減る一方ですね。

タバコは「百害あって一利なし」なんてよく言われます。

私も禁煙してからはこの言葉の重みを実感しています。

今回は私が実感した禁煙のメリットや禁煙の方法を紹介します。

この記事を読んだら、もうタバコが吸いたくなくなるかもしれませんよ。

 

こんな方におすすめ

  • 禁煙しようと思っている方
  • 禁煙中だけど吸ってしまいそうな方
  • 家族や友人にタバコをやめてもらいたいと思ってる方

 

 

禁煙のメリット

禁煙の効果・メリット

お金の節約になる

今や1箱500円の時代です。

1日1箱を40年続けたら

1箱500円×365日×40年=730万円

けっこういい車が買えちゃいますね。

年収500万円の人の場合、手取りは370万円くらいなので約2年はタバコ代と税金のためだけに働いてるようなもんです。

しかも将来は1箱1000円になってるかもしれません。

 

時間の節約になる

『時間』はお金よりも大切という考え方もあります。

タバコ1本吸うのに5分かかるとして、1日1箱吸う人ならタバコに毎日100分使っています。

浮いた100分を読書や自己投資などに使えば将来の結果は大きく変わることでしょう。

私はタバコと晩酌をやめたおかげで1日が26時間になったようなの感覚になり、FPなどの資格取得につながったと思っています。

 

家族に迷惑をかけない

私の妻はタバコを吸いません。

かつては妻と出かけても「私のタバコ待ち」になる時間が多く、大変迷惑を掛けていました。

タバコ臭いと言われることも多く、部屋や洋服は常にタバコ臭い状態でした。

ときどき不注意で灰皿をぶちまけることもありました。(喫煙者あるあるですね)

 

ストレスやイライラが激減する

「タバコ吸いたい欲求」って吸い終わった直後からじわじわ上昇くるので結局エンドレスなんですよね。

吸っても吸っても1時間もすればまた吸いたくなってます。

極論を言ってしまうとタバコ吸ってない時間は常にストレスやイライラが付きまとってるわけです。

タバコをやめてからは心の健やかさが全然違います。

仕事の効率も格段に上がったと実感しています。

もう戻れないですね。

 

健康になる

健康メリットは多すぎて長くなってしまうので箇条書きにします。

・血行がよくなる
・肺がんの発症リスクが下がる
・肩こりが和らぐ
・肌の調子がよくなる
・髪の毛が元気になる
・男性の場合、ED(勃起不全)になりにくい
・女性の場合、生理痛が緩和される

 

おすすめの禁煙方法

おすすめの禁煙方法

メリットはわかるんだけど簡単にやめれたら苦労しないよ!

っていう方も多いと思うので具体的な禁煙の方法をいくつか紹介します。

 

気合い

私は一応気合いでタバコやめました。

一番コスパがいいのはもちろん気合いですが実際はなかなか難しいですよね。

『ダンコたる決意』が必要になります。

まずは気合いオンリーでも失敗しにくくなるコツを紹介します。

 

禁煙することを周りに宣言する

王道ですね。

パートナーや友人に禁煙宣言するだけでもだいぶ吸いづらくなります。

吸ったのがバレたら1万円みたいなペナルティをつけたらより効果があると思います。

 

禁煙補助アプリを活用する

今や様々な禁煙補助アプリがリリースされておりスマホさえあれば大抵無料で利用できます。

喫煙時代のタバコの値段や吸うペースを入力するだけで、禁煙中に浮いたタバコ代や伸びた寿命などの情報が数値化されます。

私も使ってましたが、挫折しそうな時にめちゃめちゃ助かりました。

モチベーション維持に一役買ってくれます。

禁煙ウォッチ - 禁煙時間が一目でわかる!禁煙アプリの決定版!

禁煙ウォッチ - 禁煙時間が一目でわかる!禁煙アプリの決定版!
開発元:Isao Miyagawa
無料
posted withアプリーチ

 

タバコと相性が悪い趣味を持つ

要は運動ですね。

私の場合はタバコをやめた時期にちょうどテニスにハマったおかげで、テニスの邪魔になるタバコを欲さなくなったのがよかったです。

他にも、スポーツクラブに入会したりジョギングを始めるのも効果的だと思います。

 

タバコと”苦い”別れ方をする

タバコ=美味いというイメージがあるからまた吸いたくなってしまうんです。

最後に”これでもかっ”ていう量を吸えば、タバコに嫌なイメージを持ってお別れできるはずです。

 

補助アイテムや専門家に頼る

多少お金はかかりますが禁煙が成功するなら安いもんです。

利用できるものは利用しましょう。

 

禁煙マラソン

禁煙アドバイザーからメルマガなどを通じて禁煙サポートが受けられます。

数千円の有料サービスですが禁煙相談窓口があったり24時間の支援体制が特長です。

 

禁煙系の書籍

かつて「禁煙セラピー」という本がブームになりましたね。

現在も、理論的に禁煙の必要性を論じるものから日記のように自分のの禁煙状況を記録できるもの等、様々な書籍が出ています。

1000円ちょっとで禁煙できるなら安いもんですね。

 

ニコチンガム

ニコチン入りのガムを噛んで吸いたい欲求を抑える方法です。

ニコチンガムはコンビニなどで売っているため手軽に手に入ります。

数千円かかりますが成功できれば安いもんです。

ただし正しい使い方をしないと効果がないどころか体に悪かったりするので注意が必要です。

 

禁煙外来

やっぱりこれが一番成功しやすいはずです。

自分一人ではどうしても挫折してしまうっていう人は専門家のサポートを受けちゃいましょう。

金額は2万円くらいかかりますが禁煙が成功すれば数百万円浮くので気にする必要ありません。

しかも現代は条件を満たせば禁煙外来も保険適用になる時代です。

ただし病院に数回通う必要があるのである程度都合をつける必要があります。

 

私が禁煙した方法

禁煙した経緯

私は2017年6月25日にタバコをやめました。

競馬のG1レース宝塚記念のあった日です。

1番人気は当時日本で敵なし状態のキタサンブラックで単勝(1着なら当たりの馬券)オッズが1.6倍でした。

(ほぼ)絶対勝つのに1.6倍はおいしい!!

そう思った私はキタサンブラック単勝に50万円突っ込みました。

当たれば80万円になります。

負ける気がしなかった私は一緒にいた後輩に『外れたらタバコやめる』と宣言しました。

結果、キタサンブラックは9着でしたw。

そして今に至ります・・・。

 

まとめ

タバコをやめると、自分が今までタバコに縛られて生活していたと実感させられました。

お金や時間の使い道は「消費」「投資」「浪費」に分けることができますが、タバコは膨大なリソースを浪費に費やすことになります。

健康で豊かな未来のために1日も早くタバコと決別することを強くオススメします。

-倹約

© 2020 TetsuLog Powered by AFFINGER5