楽天経済圏

【最強クレカ】楽天カードで年間10万ポイント貯める使い方を解説

【最強クレカ】楽天カードで年間10万ポイント貯める使い方を解説

 

楽天カードって日本で一番使われているクレカらしいけどそんなにお得なの?
楽天カードでポイントが貯まる使い方を知りたい

 

そんな疑問に答えます。

 

 

この記事でわかること

・楽天カードはなぜ最強なのか

・ポイントが貯まりまくる楽天カードの使い方

・楽天カードのデメリット

 

 

楽天カードは最強!キングオブクレカです【実績つき】

楽天カードは最強!キングオブクレカです【実績つき】

 

楽天カードは最強で日本一使われているクレカです。すでに日本人の半分が持っているというデータもあるくらいです。

 

公益財団法人日本生産性本部が発表している2019年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査では、楽天カードがクレジットカード部門でトップに選ばれています。

しかも2009年度から11年連続1位なので敵なし状態ですね

出典:2019年度 JCSI(日本版顧客満足度指数)調査年間発表

 

さらに、ダイヤモンドZAi編集部が発表しているクレジットカード・オブ・ザ・イヤー2020のメインカード部門でも楽天カードがトップに選ばれています。

出典:ダイヤモンドザイONLINE

 

決して僕の主観だけじゃなく客観的に説立証されていますよね。

では、なぜ楽天カードが最強なのかを解説していきます。

 

 

楽天カードが最強な理由

楽天カードが最強な理由

 

楽天カードのメリットに以下の5点があります。

  1. 年会費永年無料
  2. 楽天ポイントがザクザク貯まる
  3. 貯まったポイントの使い道が多い
  4. カード1枚で3役を担う万能っぷり
  5. カードのデザインが豊富

 

ひとつずつ解説しますね。

 

1.年会費永年無料

ご存知の方も多いかもですが、楽天カードは年会費永年無料です。

通常の楽天カードだけでなく、付帯できる家族カードも年会費無料で作れます。

 

また、本来は年会費550円がかかる楽天ETCカードも楽天ポイントの会員ランクがプラチナかダイヤモンドになると無料になります。

 

プラチナかダイヤモンドになるのはそこまでハードではありません。僕は普通に使ってるだけで3年以上ダイヤモンド会員をキープ中です。

 

2.楽天ポイントがザクザク貯まる

はっきり言って年会費無料でここまでポイントが貯まるクレカは他にないです。

まず楽天カードを作っただけでいきなり5,000ポイント(キャンペーンと重なれば最大8,000ポイント)もらえます。

タダで5,000円もらえるようなモノです。。

 

クレカとしての基本ポイント還元率は1%ですが、下記のような場面で利用するとポイントがザクザク貯まっていきます。

  • 楽天市場で買い物する
  • 楽天Edyにチャージする
  • 楽天Payの支払いを楽天カード決済にする
  • 楽天ポイント加盟店で利用する
  • 引落し口座を楽天銀行する
  • 楽天証券で投資信託を積立購入する

 

具体的な活用方法は後述しますが、僕は上記を駆使して年間10万ポイント貯まりました。

 

3.貯まったポイントの使い道が多い

ポイントが貯まりやすい楽天カードですが、そのほとんどは”期間限定ポイント”というポイントです。

 

期間限定ポイントとは

期間限定ポイントとは、使用期限が決められているポイントです。だいたい50日ほど有効で期限までに使わなかかったら消滅します。

 

ポイントが貯まっても使い道がなければ宝の持ち腐れですが、楽天ポイントなら使える場面が豊富なため使い切れずに消滅する心配もありません

 

期間限定ポイントは以下の支払いに充てれば期限切れはまずないでしょう。

楽天モバイルの利用料をポイント払いにする

コンビニなどで楽天Payのポイント払いを使う

楽天ポイント加盟店でポイント払いする

 

楽天Payなら大抵のコンビニなどで使えますし、楽天ポイント加盟店はそこらじゅうにあるので出口は気にせずどんどん貯めて大丈夫です。

 

4.カード1枚で3役を担う万能っぷり

楽天カードは1枚で”クレカ”、”楽天ポイントカード”、”電子マネー(楽天Edy)”の3つの役割を担っています。

 

カード右上にそれぞれのロゴが入っているはずです。

 

僕は2019年からキャッシュレス人間になったので、財布は持たずに楽天カードと免許証だけ入れたパスケースを持ち歩いています。

楽天カードとスマホ(楽天Pay)があれば支払いに困ることはないため、極力荷物を減らしたい自分には大きなメリットです。

 

5.カードのデザインが豊富

クレカのポイント還元や使い勝手はもちろん重量ですが、やっぱりカードの見た目も大事ですよね。

好きなデザインのカードだったら持っていて気持ちが⤴るし日常でもどんどん使いたくなります。

 

楽天カードなら多様なデザインが用意されており、老若男女問わずオススメできます

 

 

ただし、ディズニーデザインはJCBのみなど、デザインによって選択できないブランドもありますのでお気を付けください。

 

個人的には川平バージョンがあっても面白いと思うんですがなかなか出ませんね。

 

 

 

楽天ポイントがガンガン貯まる楽天カードの使い方

楽天ポイントがガンガン貯まる楽天カードの使い方

 

結局のところ、楽天カードを使う目的は”楽天ポイントを獲得するため”です。

ここでは、楽天ポイントをガンガン貯めるための楽天カードの使い方を解説します。

 

僕が楽天カードを使っている場面は下記7パターンです。

  1. 楽天Edyへのチャージを楽天カードからする
  2. 楽天Payの支払いを楽天カード決済にする
  3. 毎月の固定費を楽天カード決済にする
  4. 楽天ポイント加盟店でポイントを貰う
  5. 引落口座を楽天銀行する
  6. 楽天証券で投資信託を積立購入する
  7. 楽天市場で買い物する

 

僕はこれで年間10万ポイントもらえているので安心してください。

 

では順番に解説しますね。

 

1.楽天Edyへのチャージを楽天カードからする

楽天Edyとは電子マネーの一種で、事前にお金をチャージすることで現金と同じように買い物ができます。(Suicaのようなイメージです)

チャージは現金で行うこともできますが、楽天カードでも可能です。楽天e-NAVIからブラウザ上でいつでも簡単にチャージできます。

 

ポイント還元率は、楽天Edy利用(0.5%)+楽天カードチャージ(0.5%)で合計1%還元ですが、楽天カードでEdyチャージするとポイント2倍(1%)のキャンペーンがたまにあるのでそこで一気にチャージするといいです

 

なお、新規で楽天カードを作成すると500円分のEdyがチャージされた状態で届きます。ちょっとウレシイですね。

 

2.楽天Payの支払いを楽天カード決済にする

楽天Payは今後の主流になりつつある”スマホ決済”の一種です。

楽天Payを利用するにはクレカを紐づける必要がありますが、楽天カードを紐づければ楽天Pay利用(0.5%)+楽天カード決済(1%)で合計1.5%ポイント還元で買い物ができます

しかもポイント上乗せのキャンペーンも結構やるので、現金払い派の人はなる早でキャッシュレスに移行することをオススメします。

 

楽天ペイ-かんたん、お得なスマホ決済アプリ!

楽天ペイ-かんたん、お得なスマホ決済アプリ!
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

3.毎月の固定費を楽天カード決済にする

現代の固定費は大半がクレカ決済可能です。口座振替じゃ1ポイントも入らないので勿体ないですよ。

最初だけ変更手続きが少し面倒ですが、一度設定してしまえば自動化できて更に1%ポイントが入るのでやった方が絶対いいです

 

僕は今のところ以下の固定費を楽天カードで払っています。

・水道光熱費
・スマホ代
・Wi-Fi代
・つみたてNISA
・保険料

 

”たった1%”と思うかもですが、毎月の固定費はそれなりにまとまった額になるので長期で考えると馬鹿になりませんよ。

 

4.楽天ポイント加盟店でポイントを貰う

楽天ポイント加盟店では、楽天Edyや楽天Pay決済でのポイント+αで加盟店ポイント(0.5%~1%)がもらえます。

 

楽天ポイント加盟店楽天ポイントカード

マクドナルドやファミリーマートなど、加盟店は全国に山ほどあるので普通に生活していたらじわじわポイントが貯まっていきますよ。

 

5.引落口座を楽天銀行する

楽天カードを使うなら引落口座は楽天銀行にすべきです。

理由は以下の通りです。

  • 普通預金の金利が2倍になる
  • 入出金の頻度に応じてポイントがもらえる
  • 楽天SPUの倍率が+1倍になる

 

楽天銀行は預金金利が高い上にATM手数料や振込手数料が一定回数無料だったりするので、楽天カード利用者じゃなくても単体でオススメできるネット銀行です。

僕も長らくメインバンクとして使わせてもらってますが手数料は1円も払っていません。

 

なお、楽天銀行については以下の記事でも解説しているのでよかったらどうぞ。

参考楽天銀行×楽天証券のマネーブリッジでl金利もポイントもウハウハ!

 

6.楽天証券で投資信託を積立購入する

楽天証券では投資信託の積立を楽天カードで決済できるので、非課税で人気のつみたてNISAで投資信託を購入したら1%のポイントがもらえます

 

つみたてNISAで運用する投資信託は基本的にローリスクローリターンなので、年平均3%位のリターンが出れば御の字と言われる制度です。

そんな中で買った時点で1%ポイントバックされるのはある意味チートだと思います

 

しかも、楽天証券なら楽天ポイントでも投資信託が買えるのでもらったポイントを再投資して複利効果を得ることも可能です。

 

こういったお得な制度を”めんどくさい”の一言で片づけて思考停止している人がホントに多いので非常にもったいないですね

 

楽天カード決済でつみたてNISAを利用するメリットついては、以下の記事でより詳しく解説しているのでよかったらどうぞ。

参考つみたてNISAは楽天証券で楽天カード決済がおすすめ【反則級】

 

7.楽天市場で買い物する

楽天会員が楽天市場で買い物をすると1%の楽天ポイントがもらえますが、楽天SPUという制度により更にポイントアップできます。

※楽天SPUについて詳しくは楽天SPUとは?攻略すればポイント還元率16倍までアップ!をご覧ください。

 

対象サービスは様々ですが、楽天カードを活用するだけでもある程度還元率を上げることができます。

楽天カード決済で+2倍

楽天カードの引落が楽天銀行なら+1倍

楽天証券で500円以上のポイント投資をした月は+1倍

 

たったこれだけでも5%ポイントバックで買い物ができちゃいます。

 

この他に楽天スーパーセールやお買い物マラソンなどのイベントを組み合わせると20%還元もぜんぜん狙えますよ。

参考楽天市場でポイント還元率20%超で買い物する方法【知らなきゃ損】

 

 

 

楽天カードのデメリット【すべて解決済】

 

デメリットが気になる方もいると思うので触れておきます。

  • メールがうざい
  • リボ払いへ誘導するキャンペーンが多い
  • 恥ずかしいという意見・・

 

順番に解説しますが、全て解決済です。

 

メールがうざい

よく言われることですが、楽天は使えば使うほどメールが大量に届くようになります

とはいえ、これは解決策があるので大丈夫です。

楽天e-NAVI >> お客様情報 >> 「メール配信の登録・停止」に進み、レ点を全て外せば大丈夫です。

 

リボ払いへ誘導するキャンペーンが多い

楽天ポイントをたくさん貯めるにはお得なキャンペーンをうまく活用するのが必須ですが、その中に”リボ払いに変更すると6,000ポイント”といった悪魔のキャンペーンがよく混ざっています

 

リボ払いの魔力をわかっている方なら大丈夫ですが、知らない場合は毎月の返済額の少なさに魅力を感じて魔界へ足を踏み入れてしまうかもしれません。

 

リボ払いは高金利の借金です。しかも毎月の返済額の少なくできるせいで元本が全然減らずにいつまで経っても払い終わらない悪魔のローンです。

カード会社はボロ儲けなのでキャンペーンでもらえるポイントが大きいのです。

 

とはいえ、この記事を読んだ方ならもう大丈夫なので解決済ですね。

 

恥ずかしいという意見・・

某ネット掲示板などでは”楽天カードは恥ずかしくて使えない”という意見もあるようです。

具体的な理由は不明ですが、恐らくは年会費無料で簡単に作れるようなカードなので”ステータス”にならないということでしょうか。

 

とはいえ、僕はかれこれ10年くらいは楽天カード使ってますが別に恥ずかしいと思ったことも辱しめを受けたこともありません。

100歩譲って楽天カードが恥ずかしいカードだとしても、持ち物とかでしか自分を価値を見出せずにマウント取ってくる人の目線なんてどうでもいいですよね。相手にするだけ時間の無駄だと思います。

 

合理的に考えてお得だと思ったら使えばいいだけなので解決済です。

 

 

まとめ:楽天カードは最強!デメリットも特になかった

まとめ:楽天カードは最強!デメリットも特になかった

 

今回はキングオブクレカの楽天カードについて解説しました。

 

楽天カードのメリット

  1. 年会費永年無料
  2. 楽天ポイントがザクザク貯まる
  3. 貯まったポイントの使い道が多い
  4. カード1枚で3役を担う万能っぷり
  5. カードのデザインが豊富

 

楽天には自社サービスのみで生活が成り立つ”楽天経済圏”という領域があります。

参考【入門編】楽天経済圏を活用するメリット!ポイント貯まりすぎ

楽天カードがあれば楽天経済圏でどんどんポイントを貯めることが可能になります。

 

具体的には、楽天3種の神器を揃えてつみたてNISAでインデックス投資しつつ楽天スーパーセール&5の倍数に日にまとめ買いするだけでもかなりのポイントが貯まります。

 

ということで、以下のリンクからサクッと3種の神器が揃えられるのでよかったらご活用ください。

 

楽天3種の神器

 

楽天カード


 

 

楽天銀行

 

 

楽天証券

楽天証券

 

 

今回は以上です。

 

-楽天経済圏

© 2020 TetsuLog Powered by AFFINGER5