資産運用

【SBI証券】米国ETFの買い方を画像付きで解説【手数料最安】

【SBI証券】米国ETFの買い方を画像付きで解説【手数料最安】

 

米国ETFに投資するならSBI証券がいいってホント?
SBI証券での米国ETFの買い方が知りたい

 

そんな疑問にお答えします。

 

 

この記事でわかること

  • 米国ETFに投資するならSBI証券を選ぶべき理由がわかる
  • 住信SBIネット銀行⇒SBI証券への米ドル振替手順がわかる
  • SBI証券での米国ETFの買い方がわかる

 

 

米国ETFへの投資はSBI証券がオススメな理由(手数料最安)

米国ETFへの投資はSBI証券がオススメな理由(手数料最安)

 

僕は毎月5万円分を住信SBIネット銀行でドル転して、SBI証券でVTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)に投資しています。

 

米国ETFへの投資はSBI証券がオススメな理由は以下の4点です。

  1. 住信SBIネット銀行からSBI証券への外貨入金が無料でできる
  2. 住信SBIネット銀行なら手数料最安でドル転できる
  3. SBI証券なら一部米国ETFの買付手数料が無料
  4. SBI証券なら米国ETFの定期買付が可能

 

では、順番に解説しますね。

 

1. 住信SBIネット銀行からSBI証券への外貨入金が無料でできる

住信SBIネット銀行の外貨口座からSBI証券の買付余力に無料で即時反映できます

※営業日19:00~19:30はメンテナンス時間です。

住信SBIネット銀行は低コストでドル転できるので使わない手はありません。

 

2. 住信SBIネット銀行なら手数料最安でドル転できる

米国ETFはNY証券取引所に上場しているため、円ではなくドルで購入する必要があります。

円⇔ドルの交換には為替手数料が掛かりますが、住信SBIネット銀行は為替手数料が激安です。

 

楽天証券 楽天銀行 SBI証券 住信SBIネット銀行
25銭 25銭 25銭 4銭

1ドルあたりの為替手数料

 

また、外貨積立で定期買付をするとさらに安くなり1ドルあたり2銭になります。

為替手数料に関しては住信SBIネット銀行が他を圧倒している状況です。

 

「住信SBIネット銀行でドル転」⇒「SBI証券に入金」の流れが最もコストを抑えられます。

 

住信SBIネット銀行でのドル転については、ドル転なら住信SBIネット銀行一択!為替手数料が格安!手順ありで詳しく解説しているのでよかったらご覧ください。

 

3. SBI証券なら一部米国ETFの買付手数料が無料

2020年1月より、SBI証券において一部米国ETFの買付手数料が無料化されました

 

対象のETFは以下の9銘柄です。

  • バンガード トータル ワールド ストックETF(VT)
  • バンガード S&P 500 ETF(VOO)
  • バンガード トータルストックマーケットETF(VTI)
  • iシェアーズ S&P 500 ETF(IVV)
  • SPDR S&P 500 ETF トラスト(SPY)
  • ウィズダムツリー インド株収益ファンド(EPI)
  • ウィズダムツリー米国株高配当ファンド(DHS)
  • ウィズダムツリー米国大型株配当ファンド(DLN)
  • ウィズダムツリー米国株クオリティ配当成長(DGRW)

※システム対応完了までは”キャッシュバック対応”となるため、一旦手数料は引かれます。

それ以外のETFには従来通り約定代金×0.45%の手数料が掛かりますが、この手数料も最低水準です。

 

なお、ライバルの楽天証券・マネックス証券も同様に手数料無料化していますが、ドル転手数料の差でSBI系列が勝っています。

 

4. SBI証券なら米国ETFの定期買付が可能

米国ETFは投資信託と比較されることが多く、定期買付ができる点では投資信託の方が有利とされていました。

 

そんな中、SBI証券だけは米国株&米国ETFの定期買付サービスを行っています

以下のような人には定期買付が合っているはずです。

  • 手動で買付するのが面倒
  • ドルコスト平均法を活用したい
  • NISA枠で米国ETFを買いたい
  • 夜は寝ている(米国市場は夜中に動くので)

 

基本的に信託報酬は投資信託よりも米国ETFの方が安いです。

 

『低ランニングコスト』+『定期買付によるドルコスト平均法』のコンボは長期運用の鉄則ですよね。

 

 

 

SBI証券の買付余力への米ドル入金方法

SBI証券の買付余力への米ドル入金方法

 

では、実際の手順を画像付きで解説します。

 

ちなみに僕が解説する米国ETFの買い方は、手数料が最も安くなる以下の方法です。

  1. 住信SBIネット銀行でドル転する
  2. 住信SBIネット銀行からSBI証券にドルを入金する
  3. SBI証券で米国ETFを購入する

 

この記事では住信SBIネット銀行の外貨預金にドルがある段階(上記1が終わっている状態)からの手順になります。

ドル転がまだの方は、まずドル転なら住信SBIネット銀行一択!為替手数料が格安!手順ありを参照し住信SBIネット銀行の口座にドルを置いてから戻ってきてください。

 

住信SBIネット銀行からSBI証券への入金方法

 

(1)SBI証券トップページより『入出金・振替』をクリックします。

 

(2)画面左側『外貨入金』をクリックします。

 

(3)振込金額(米ドル)と取引パスワードを入力したら『振込指示確認』をクリックします。

 

(4)住信SBIネット銀行のログイン画面が出力するので、ユーザーネームとログインパスワードを入力して『ログイン』をクリックします。

 

(5)即時決済サービス確認画面にて最終確認したら『確定する』をクリックします。

(6)”振込を受付しました。”のメッセージが出力したら振込手続きは完了です。

 

カンタンですね!

1分ほどでSBI証券の買付余力に反映されます。

 

SBI証券の買付余力を確認する方法

 

(1)SBI証券トップページより『口座管理』をクリックします。

 

(2)円建の口座情報が表示されるため、『口座(外貨建)』をクリックします。

 

(3)『買付余力』タブを選択します。

 

(4)「買付余力」にドルが入金されていれば無事に入金されています。

 

これで米国ETFを買える状態になりました。

 

では次からはSBI証券での米国ETFの買い方を解説します。

 

 

 

SBI証券での米国ETFの買い方

SBI証券での米国ETFの買い方

 

今回は、僕が毎月定期買付しているVTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)を例に解説します。

 

SBI証券での米国ETFの買い方には「通常買付」「定期買付」の2種類あるので、念のため別々に見ていきましょう。

 

SBI証券での米国ETFの買い方【通常買付編】

 

まずは通常の買付手順です。

 

(1)SBI証券トップページ右側にある外国株式の『取引』をクリックします。

 

(2)メニューバーの『取引』をクリックします。

 

(3)”米国”&”取引”が選択されているはずなので、「買付」にチェックをつけ"ティッカー"を入力し『株価表示』をクリックします。

 

ティッカーとは

米国株式の銘柄名にはティッカー(もしくはティッカーシンボル)という略称が必ずついています。

アマゾン=AMZN、アップル=AAPL、グーグル=GOOGなどです。

なお、ティッカーの一覧は米国株式取扱銘柄一覧のページで確認できます。

 

(4)以下のとおり注文内容の詳細を入力します。

①株数

注文する株数/口数を指定します。

画像の状態だと現在値は一口119.21ドルであることがわかります。

②価格

「指値(さしね)」「成行(なりゆき)」「逆指値」の3パターンあります。

注文方法 説明
指値 指定した価格以下になったら約定する注文です。
例えば、現在値は1口120ドルだけど1口115ドルまで下がったら約定するような注文ができます。
設定した期限までに指値に到達しなければ約定はされません。
成行 現在値で約定します。一番シンプルです。
逆指値 指定した価格以上になったら約定する注文です。
上昇トレンドに入ったタイミングを逃したくない場合などに使われる買い方です。

③期間

指値・逆指値で注文する場合は、いつまで有効にするのかを指定します。

期限までに指値に届かなければ約定されません。

④預り区分

預り口座の種類により、税金の扱いが変わります。

大抵の方は「特定預り」か「NISA預り」になるかと思います。

⑤決済方法

円貨決済も可能ですが、せっかく住信SBIネット銀行で安くドル転したので外貨決済しましょう。

取引パスワードを入力したら『注文確認画面へ』をクリックします。

 

(5)買付内容の最終チェックをしたら『注文発注』をクリックします。

(6)”注文を受付いたしました。"と表示されたら無事に注文完了です。

 

2020年3月はコロナウイルスの影響で株価が大きく下落し、指値注文が刺さりまくりでした!

 

 

SBI証券での米国ETFの買い方【定期買付編】

 

続いて、定期買付の買い方です。

 

(1)SBI証券トップページ右側にある外国株式の『取引』をクリックします。

 

(2)メニューバーの『取引』をクリックします。

 

(3)『定期買付』をクリックします。

 

(4)ティッカーを入力して『検索』をクリックします。

 

(5)以下のとおり注文内容の詳細を入力します。

 

①預り区分

預り口座の種類により、税金の扱いが変わります。

大抵の方は「特定預り」か「NISA預り」になるかと思います。

 

②買付日選択

日付指定か曜日指定で買付日を指定します。

 

③買付方法・株数の設定

株数指定or金額指定、ドルor円を選択します。

せっかく住信SBIネット銀行で安くドル転したので外貨決済しましょう。

 

補足

金額指定の場合は指定金額で買える分の株数を購入するため、必ずしも全額を使い切るわけではありません。

例えば、1回500ドルの金額指定で1口150ドルだった場合は450ドルで3口買い付けることになります。

 

④ボーナス月コース

ボーナス月に増額したい方は年2回まで設定できます。

取引パスワードを入力したら『設定確認画面へ』をクリックします。

 

(6)買付内容の最終チェックをしたら『設定』をクリックします。

(7)”設定を受付いたしました。"と表示されたら無事に設定完了です。

 

定期買付は一度設定してしまえばあとは放置でも大丈夫です!

 

 

まとめ:SBI証券なら米国ETF買付がほぼ自動化できる

まとめ:SBI証券なら米国ETF買付がほぼ自動化できる

 

今回は、SBI証券における米国ETFの買い方を解説しました。

 

ドル転とか、米国ETFとか、初心者にはハードル高いんじゃない?

そう思った方もいるかもしれませんが、一度設定してしまえばほぼ自動化できます。

 

おおまかな流れを振り返ると以下の3段階になります。

  1. 住信SBIネット銀行でドル転する
  2. 住信SBIネット銀行からSBI証券にドルを入金する
  3. SBI証券で米国ETFを購入する

 

このうち、1と3は自動積立ができるので毎月2を実施するだけです。1分で終わります。

 

あとは、円高や株安のタイミングだと思ったらお好みで買い増ししてみるのも楽しいですよ。

リアルタイムや指値で売買できるのは、投資信託にはないETFの面白さのひとつです

 

米国ETFに興味のある方にこの記事が参考になれば幸いです。

 

今回は以上です。

 

 

-資産運用

© 2020 TetsuLog Powered by AFFINGER5