FP

【FP試験対策】6つの係数の超簡単な覚え方をわかりやすく解説!

【FP試験対策】6つの係数の超簡単な覚え方をわかりやすく解説!

こんにちは!テツ(@tetsulog2020)です。

FP試験の勉強、おつかれ様です。

私も1年前の今ごろに3級の勉強を始めましたが、テキスト序盤で登場した「6つの係数」を見て眉間に6本のしわを寄せたのをよく覚えています。

・現価係数
・終値係数
・年金現価係数
・年金終値係数
・減債基金係数
・資本回収係数

 

うわぁ漢字だらけ。無理ゲー・・。
そもそも“係数”って何よ?

という感じで毛嫌いしている人も多いかと思いますが、6つの係数問題はコツさえ掴めば簡単に全問正解できる超サービス問題です。

2級の問題も簡単に解けるようになります。

今回は「6つの係数」の超簡単な覚え方を解説します。

 

 

まずは6つの係数をおさらい

6つの係数覚え方

1.終値係数

現在の金額を複利で運用した場合の、x年後の金額を求める

FP6つの係数覚え方

 

2.現価係数

x年後にx万円に達するために必要な元本を求める

FP6つの係数覚え方

 

3.年金終値係数

毎年x万円積み立てた場合のx年後の金額を求める

FP6つの係数覚え方

 

4.年金現価係数

毎年x万円を受け取るために必要な元本を求める

FP6つの係数覚え方

 

5.減債基金係数

x年後にx万円用意するための毎年の積立額を求める

 

6.資本回収係数

x万円をx年間で取り崩した場合の、毎年の受取額を求める

FP6つの係数覚え方

 

 

6つの係数で知りたい金額は大きく3種類

6つの係数覚え方

6つの係数問題で問われる金額は必ず以下の3種類のどれかで、どの金額が知りたいかで係数を絞り込めます。

1.必要な元本が知りたい問題

2.n年後の金額が知りたい問題

3.毎年の積立(or受取)額が知りたい問題

 

ひとつずつ解説します。

 

 1.必要な元本が知りたい問題

例えばこのような問題です。

「年利3%で10年後に100万円用意するには元本はいくら必要か?

元本を求める係数には「現価」のワードが入ります。

6つの係数の中では「現価係数」か「年金現価係数」に絞ることができます。

 

2.n年後の金額が知りたい問題

例えばこのような問題です。

「100万円を年利3%で運用した場合の10年後の金額はいくらか?

n年後の金額を求める係数には「終値」のワードが入ります。

6つの係数の中では「終値係数」か「年金終値係数」に絞ることができます。

 

3.毎年の積立(or受取)額が知りたい問題

例えばこのような問題です。

「年利3%で10年後に100万円を用意するには毎年いくら積み立てる必要があるか?

この分類だけ共通のワードがないので少し覚えずらいですが、積立なら「減債基金係数」、受取なら「資本回収係数」になります。

 

まずはこの法則で分類することで1/6→1/2まで絞れます。

さらにここから一つに絞る方法を次で解説します。

 

毎年積立(or受取)方式なら「年金」

FP6つの係数覚え方

例えばこのような問題です。

「5年間にわたって毎年10万円ずつ受け取りたい。年利2%の場合、必要な元本はいくらか?」

まず、元本を知りたい問題なので「現価係数」か「年金現価係数」のどちらかです。

さらに、この問題では”毎年10万円ずつ受け取る”=毎年受取方式となるので「年金現価係数」ということが分かります。

 

「減債基金係数」と「資本回収係数」の覚え方

「減債基金係数」と「資本回収係数」の2つは共通のワードこそありませんが、「基金」と「回収」の意味に着目すればそれぼど難しく考える必要はありません。

・「基金」・・・積立

・「回収」・・・受取

 

あとは、言葉の意味を覚えてしまえば超簡単です。

 

減債基金係数の意味

「減債」は債務を減らすことで「基金」はある目的のために積み立てておく資金です。

つまり、債券の発行体が償還のための金額を積み立てているとイメージすれば簡単ですね。

 

資本回収係数の意味

資本回収係数は住宅ローンなどの借金を銀行側の目線で考えると簡単に理解できます。

銀行は自分たちの資本の一部を消費者へ融資し、利息を加えた額を回収します。

資本を回収するので「資本回収係数」。まんまですね。。

 

実際の問題で6つの係数を覚えよう

FP6つの係数覚え方

次の例題1&例題2がどの係数を用いるか考えてみましょう。

例題1

年利2%で毎年5万円を20年間積み立てた場合の5年後の金額はいくらか?

例題2

年利2%で5年後に100万円用意するには毎年いくら積み立てる必要があるか?

 

◆例題1の考え方

✓n年後の金額が知りたい問題なので、「終値係数」か「年金終値係数」

✓毎年積立方式なので「年金」

ということで用いる係数は「年金終値係数」になります。

 

◆例題2の考え方

✓毎年の積立(or受取)額が知りたい問題なので「減債基金係数」か「資本回収係数」

今回は積立なので用いる係数は「減債基金係数」になります。

 

これでもうバッチリですね!

 

まとめ

FP6つの係数覚え方

元本が知りたかったら「現価係数」か「年金現価係数」

n年後の金額が知りたかったら「終値係数」か「年金終値係数」

毎年積立(or受取)方式なら「年金」

毎年の積立額が知りたかったら「減債基金係数」(積立=基金)

毎年の受取額が知りたかったら「資本回収係数」(受取=回収)

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

今後もFP試験受験者に役立つ情報をアップしていきます!

-FP

© 2020 TetsuLog Powered by AFFINGER5